Powerd by HUMANBRAIN Group

  • 創研学院
  • 個別指導塾ブレーン
  • KLCセミナー
  • 国際事業部

“中1の壁”あらわる!中学生になって宿題がなぜできない?“宿題オバケ”はこう攻略する!

2019年11月7日中学生, 予習・復習宿題, 中学1年生

吉川真梨

吉川真梨 個別指導塾ブレーン 伊丹西野校

「中1の壁」どう攻略? 宿題は小学校とこんなに違う!

「中1の壁」という言葉が知られるようになって久しいですね。
中学校という新しい環境は、お子様にとっては「学校といえばテスト成績」とはっきりとイメージづけがされていく場であるといえます。友達といかに充実して過ごすかに意識が向きがちだった小学校の毎日とは異なり、自分の成績が客観的に気になっていきます。

これまで「中1の壁」とは以下のようなものだと言われていました。

「中1の壁」とは・・・

  • 生活環境、人間関係などの大きな変化を受けて学校が楽しくなくなってしまう。
  • いじめや不登校などの問題が発生する 。
  • 学習環境の変化により、勉強についていけなくなる 。

その要因としては、

  • 定期試験のプレッシャー
  • 1学年の人数の多さ
  • 教科ごとに担当の先生が変わる
  • 「最高学年」だった小学6年生が「最低学年」である中学1年生になり、部活動などでの上下関係が求められる

などが挙げられています。

これに、実際に個別指導塾に通われている中学生の実際の声を重ねてみると、とくに勉強に関しての彼らの悩みがより詳しく、具体的に浮かび上がってきます。もちろん地域ごとに差がある内容ですが、これから中学生になるお子様をお持ちの保護者の方も、通われる予定の中学校の様子をイメージしながら、ぜひ参考になさってみてください。

小学校と中学校の3つの違い

では、小学校から中学校に上がるにあたり、子供たちはどのような点に戸惑いを感じるのでしょうか?

宿題が「ない」!!

意外なことに、こどもたちは「宿題のなさ」つまり「勉強内容の具体的な指示のなさ」に驚くことしきりです。小学校の頃は、ほぼ毎日、漢字ドリルや計算ドリル、問題プリントが宿題として出されていました。そして、ほとんどが「翌日提出」。勉強のスケジュールを自分で立てる必要もなく、言われたことを一生懸命にこなしているだけでOKでした。

それが突然、「では今日の授業の内容は自分で復習しておいてくださいね」と言われて「自分でやれといったってどうやったらいいの?」と途方にくれてしまうのです。

もちろん、本当にやるものが「ない」わけではありません。我々塾講師やおうちの方からみれば、「やれ」と言われたことはなくても「自分でできること」は山ほどあります。

「自分でできること」の例

  • 教科書を読み直す
  • 学校でやった問題をもう一度自分で解き直してみる
  • 副教材のワークを自分で解いてみる
  • 英単語や理科・社会の用語をノートに書きながら覚えるなど・・・

ですが、中学1年生になりたての生徒たちはいわば「小学7年生」みたいなものです。指示されていない勉強はやりたがりません。いきなり誰のサポートもなく「自分でこうやって勉強しよう!」とひらめいてやり始めるには、まだまだトレーニングが必要です。

また、通学の重たい鞄による負担軽減のため、置き勉(教科書や資料集などを教室に置いて帰る)を奨励している学校もあるようです。それではなおさら、家でどんな勉強したらいいのか、困ってしまうのもうなずけます。

放課後の教室

テスト前に出された提出課題が終わらない!

普段、学校からの明確な宿題の指示が少なくても、定期テスト前となると話は別です。
「宿題ないもん!」と言えたころの強気はどこへやら。「多い!」「終わらない!」「解けない!」と焦る彼らの表情は、何年塾講師をしていてもハラハラさせられます。
もちろんおうちの方は、もっとご心配ですよね。

とくに記述式問題や応用問題にさじを投げる生徒さんが目立ちます
彼らの言い分は「だって学校でこんなの習ってないもん」「自分のクラスの担当の先生は教えてくれずに飛ばしてすすめていた」というもので、たしかにそれ自体は仕方のないことなのかもしれません。

でも、解く際にほんの少し「考えてみる」時間を持つだけで「なーんだ、それならできる!」と一気にテンションを上げる人、とても多いんです。

ね、勉強って楽しいでしょ?(笑)

つまり、「多い!」「終わらない!」ことにパニックになって、何よりも勉強する上で大切な「考える時間」を惜しむようになってしまっているのです。

この状態ではなかなか点数が上がりませんよね。

理科と社会と国語?!

理科、社会、国語。この3科目、英語・数学と並んで大切な科目なのですが、中学生にはなかなか意識されません。点数もその科目や単元の好き嫌いに左右されがちともいえます。

この科目は、学校の宿題としてもあまり出されないため、「急に」「大量に」指示されるテスト前の提出物にびっくりすることもしばしば。

これらはまるでオバケのようにひっそりと忍び寄ってきます。小学生のときは特に苦手でもなかったのに、気づいたら取り返しのつかないくらい苦手になっていたというパターンにはまりがちです。

「気づいたら」とは、定期テスト前だけでなく、夏休みや冬休みといった長期休み中の宿題に取り組むときです。(ちなみに長期休み明けには、課題テストや実力テストがあります。宿題をただ「終わらせるだけでいいや」と思っていてはいけません)

「あれ、これってなんだったかな?忘れたなぁ・・・。」

あれ、これってなんだったかな?忘れたなぁ・・・。

でも、とりあえず答え合わせしたあと覚えたらいっか!

いやいや、テストの前の日に一気に覚えても間に合うはず

明日はテストだ!覚えること多すぎ!間に合わないー!

せっかくの長期休みだったのに、
宿題そのものは何とか早めに仕上げていたのに、
そのあとの復習を計画に入れていなかったために、こんな悲劇を繰り返すこともちらほら・・・。

ということで、中学生の宿題を正しくとらえることは、そのまま「勉強」ひいては「充実した中学校生活」にもつながる大切なポイントになります。

ご家庭での“中学生の宿題見守りポイント”は次の3つ!中学1年生に限らず、2・3年生でも役立つ内容です。

中学生の宿題見守りポイント

宿題が出たらラッキー!?

学校からの宿題は「出してもらえてラッキー」ととらえ、前向きに取り組みましょう。もし出されなかった日も「その日に習った科目を家でも取り組む」と決めれば、大まかな学習計画として成り立ちます。

自分の問題集セットを用意しよう

各学年必ず、学校行事が続いて進度がゆっくりめの時期があります。そのような時期に備え、特に普段、宿題があまりない学校に通っている方は、「自分で解き進めるための問題集」を5科目セットで購入しておき、「勉強しよう!」とやる気になったときにはいつでも勉強の道具が揃っているよう準備しておくことをおすすめします。

もちろん市販の問題集でもいいのですが、やはり塾にご相談いただくことをお勧めします。
プロの目で、お子様の普段のご様子や目標に合わせた教材と使い方をアドバイスできます。

宿題は4ステップが大事!

宿題の4ステップ

  1. 解く
  2. 答え合わせ
  3. 間違った問題の解き直し&分からなかった問題を質問して解決する
  4. 自分でできるようになったか、もういちど解いて確認する

お子様が宿題に手をつけたがらずにはかどっていなかったり、分からない問題に悩んでおられるときには、塾にご相談いただくのも解決の近道です。4ステップをふまえた学習スケジュールの立て方もアドバイスさせていただきます。

中学生には中学生の「初心」がある

世阿弥の「初心忘るべからず」という言葉があります。よく「物事を頑張ろうと思ったときのあの思いを忘れずに取り組む」と解釈されがちですが、「実際には初心とは、その人が置かれたときのステージそのものを指すのだ」とおっしゃる人もいます。

例えば、子どもには子どもの「初心」が、大人には大人の「初心」がある。その時々に気づいたことこそが「初心」であり、謙虚な気持ちで取り組むのが肝要だということなのだそうです。

微笑む女子中学生

中学生には中学生の「初心」があります。小学生の頃は・・・とつい言いたくなる気持ちをぐっとこらえて、中学生には中学生としてふさわしい勉強のしかた、取り組み方があるのだと知り、前向きに楽しんで勉強を続けましょう。

われわれ塾講師も、中学生の皆さんと同じ「壁」にぶつかり、宿題オバケと格闘して成長しました。ですから、皆さんの気持ちや「勉強ができるようになりたい」と願う気持ち、とってもよくわかります。一緒に「いまの自分に本当に必要な勉強とそのやり方」を見つけ、乗り越えていきましょう!

この記事を書いた先生
吉川真梨
吉川真梨 個別指導塾ブレーン 伊丹西野校 副校長

勉強における”自分の強み”、知っていますか?お子様それぞれの個性をしっかり把握し、それを活かした実力UPの方法をアドバイスさせていただいています。保護者の方の、お子様の家庭学習についてのご相談もいつでも受付中。人生は”いつでも勉強”です!その面白さを一緒に追求していきましょう。

この先生が書いた記事一覧

この先生のいる校舎はこちら:個別指導塾ブレーン 伊丹西野校